メニュー
ホーム
タイトル

ひだまり整骨院の来院傾向から、いまどんなことに気をつけなくてはならないか、日々の予防に参考になる対策を紹介していきます。

最近の来院傾向

最近の患者さんの傾向

最近の患者さんの傾向
ひだまり整骨院

ひだまり整骨院_南行徳・浦安
@hidamarinote

最近の患者さんの傾向は、ひだまり整骨院の診療中に感じた、季節毎の体調に関係する事柄について、傾向とその対策を考えていきます。

ひだまる
ひだまる
@hidamaru

10月になりました。

最近のひだまり整骨院はどうですか?

院長
院長
@kanayama

夏の暑さから一転して急に冷え込み、調子が悪い方が多いですね。

まさに「気温の変化」が影響していると思います。

最近の傾向

気温の変化の身体への影響
  • 今まで暑かったのに急に寒い日がきて、身体が冷えを感じてしまいます。
  • 普通なら気温が下がっても身体を調節して気温の変化に対応しています。
  • 最近は急な天候の変化や、晴れたり雨が降ったりを繰り返していますよね?
  • すると身体を調節する自律神経に大きな負担が加わってしまいます。
自律神経の身体への影響
  • 自律神経が乱れると緊張とリラックスのバランスが崩れてしまいます。
  • 頭痛やめまいなどの自律神経症状が出やすくなる方も増えてきます。
  • 緊張が筋肉をこわばらせ身体の痛みとして出る方も増えてきます。
  • なので自律神経を休ませることが体調を整えるのに重要になってきます。

対策まとめ

  • 自律神経を休ませるには、次のような対策がいいです。
  • 1.こまめに水分補給
  • 2.お腹を温める
  • 3.うなじを温める
  • 4.簡単な体操やウォーキング
  • 5.寝る前にスマホをみない など

< みんなの対策法 >

たくみ

たくみ
@takumi妙典

【対策1】こまめに水分補給

  • 水分補給は、とくに寝起きや寝る前にコップ1杯の水を飲むのがいいです。
  • 気づきにくいのですが寝ている間に水分が失われやすく、体内のバランスが崩れやすいです。
みあけ

みあけ
@miake浦安

【対策2】お腹を温める

  • 夏場なので冷たい飲み物を飲みがちですが、お腹が冷えると自律神経が興奮してしまいます。
  • たまに温かい飲み物や、40℃のお風呂に15分~20分浸かるなど、温める時間がほしいですね。
かんじ

かんじ
@kanji行徳

【対策3】うなじを温める

  • エアコンで身体が冷えやすい首や肩に自律神経が多いので、ホットパックなどで温めると効果的です。
  • 首や肩など身体を軽く動かしゆっくり伸ばすストレッチ体操もおすすめです。
かよこ

かよこ
@kayo浦安

【対策4】簡単な体操やウォーキング

  • 全身に血流を促すためにも、大きく身体を伸ばしたり動かしたりする簡単な体操がいいです。
  • 荷物を持たずに自分のペースで歩くウォーキング(15分~30分)も全身の血流を促し自律神経が落ち着きやすいです。
院長

院長
@kanayama

【対策5】寝る前にスマホをみない

  • 自律神経が興奮すると寝付けず大変ですが、それでも寝る前に刺激は少ないほうがいいと思います。
  • 横になる時間も出来るだけ規則正しい時間に横になれるといいですね。
ひだまり整骨院
ひだまり整骨院_南行徳・浦安
@hidamarinote

とくに季節の変わり目では、同じような体調不良の方がひだまり整骨院でみられるようになります。

この記事が体調管理の予防になってくれればうれしいですね。

サイトメニュー一覧 閉じる

ひだまり整骨院
〒272-0138
千葉県市川市南行徳4-11-21  パールグレイス1F
TEL 047-314-1149