メイン

知ってましたか?!
労災の治療が整骨院でも出来るんですよ!?



整骨院では労災保険に適応する業務中や通勤中のケガの施術に対応しています。

南行徳や浦安で労災のケガの治療をお探しなら、ご気軽にご相談下さい。

ホーム ≫ 労災保険診療

労災保険診療について

    こんな方が当院の労災保険診療を利用されてます。
  • 1.整形に行ってるけど、リハビリに困ってる方。
  • 2.早くケガを治して仕事に復帰を求めている方。
  • 3.駐車場もあって通院しやすさを感じている方。
ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

整骨院でも労災のケガの治療が行えるんですか?

院長の説明
院長
@kanayama

当院でも労災保険の指定整骨院に登録している整骨院なので

労災保険

を使っての施術を行っています。

そこで、労災保険の申請から当院の労災保険診療までの流れを紹介します。

1.仕事中にケガをした場合、どうするのか?

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

では、仕事中にケガをしてしまったら、どうすればよいのでしょうか?

院長の説明
院長
@kanayama

仕事中のケガは、健康保険が適応されず、労災保険を使っての施術となります。

まず、「労災保険の申請」を行わなければなりません。

申請書に、本人の情報や事故状況を記載し、事業主が記載内容の証明のための署名を加えてもらって所轄の労働基準監督署に申請を出します。

自分で作成するのは大変なので仕事中にケガをしたら、会社(健康管理室など)にご相談されるのがいいと思います。

1.整骨院で必要な申請書を作成

仕事中でも、業務中と通勤中で用紙が異なるので注意してください。

2.労災保険って

労働者災害補償保険といい、仕事中にケガ(または病気など)をした場合に、雇われている立場であれば、自分で治療費を負担しないで補償される制度です。

POINT
特徴
  • ・仕事中には業務中の他にも通勤中も含まれる。
  • ・正社員からパートの方にも適応される。
  • ・施術でかかる費用の自己負担がなくなる。
  • ・休業時の手当についても補償される。 など
矢印
休業している場合
  • ・整骨院でも、休業期間の申請書は作成できます。
  • ・休業補償の申請書も合わせてお持ち下さい。

2.ひだまり整骨院の労災保険診療について

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

ひだまり整骨院で労災のケガの治療を受けるには、どうしたらいいんですか?

院長の説明
院長
@kanayama

上記の申請書を作成して、直接来院されるか、もしくはご連絡下さい。

先に病院や整形外科で治療中でも、整骨院で対応できます。ご気軽にご相談下さい。

1.来院時の流れ

基本的な労災保険診療を受ける流れをご紹介します。

POINT
1.受付
  • 申請書を作成してご来院下さい。
  • 【受付方法】
  • ・直接来院され来院順に受付。
  • ・事前予約され来院して受付。
  • ※どちらでも対応いたします。
矢印
2.診察
  • 問診や身体の状態を確認していきます。
矢印
3.施術
  • 保険診療として、ケガの原因の根本除去をねらい、早期仕事復帰に尽力します。
矢印
4.会計
  • 当院は指定整骨院に登録した整骨院です。
  • 労災保険が適応の場合、負担金0円で施術を受けられます。
整骨院の施術