このページはひだまり整骨院の託児対応について紹介しています。南行徳や浦安の中では一番託児の設備と赤ちゃん連れの方を受け入れる気持ちがあると自負しています。駐車場もあるので新浦安や妙典などからも赤ちゃん連れで来られる整骨院です。

赤ちゃんを連れて来られる方へ
赤ちゃん連れ

ホーム ≫ 託児対応について

託児サービス一覧

託児サービス
ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

ひだまり整骨院では赤ちゃん連れで施術を受けられると聞いたんですが?

院長の説明
院長
@kanayama

はい。院長が自分の子供が小さい頃に子供と一緒に出かけた時に感じた「あったらいいな」を出来る限り用意しました。

赤ちゃん対応

院長の説明
院長
@kanayama

まず赤ちゃんの対応ですが、赤ちゃんは月齢ごとに違うので、成長に合わせて対応をしています。

1ヶ月〜3ヶ月の赤ちゃん

1ヶ月の赤ちゃん
ママが施術を受けている間、寝かせられるようベッドを用意しています。

4ヶ月〜8ヶ月の赤ちゃん

4ヶ月の赤ちゃん
寝かせられているのが嫌になる頃なので、座って遊んでもらっています。
4ヶ月の赤ちゃん
寝返りができる赤ちゃんでは、ママの横にベビーベッドを並べて遊んでもらっています。

6ヶ月〜の人見知りの赤ちゃん

6ヶ月の赤ちゃん
人見知りはママのそばで安心してもらえると、泣きにくくなる事があるので、ママの近いところでまず施術を行います。その後はその場の判断で対策していきます。

8ヶ月〜12ヶ月の赤ちゃん

8ヶ月の赤ちゃん
人見知りが少ない赤ちゃんでは、歩行器で動いて遊んでもらってます。

それ以降のお子さん

1・2才のお子さん
小さな内はベッドの足元でオモチャを並べて遊んでもらってます。
幼児
また2・3才だとキッズスペースから出てこないお子さんもいます。

赤ちゃん設備

院長の説明
院長
@kanayama

次に赤ちゃん連れで来院された時に、赤ちゃんのお世話が出来る設備を揃えています。

授乳室・オムツ交換スペース

授乳室
狭いですが、入り口に施錠が出来る個室で授乳が出来るようにしています。
また、オムツ交換がしやすいようオムツ交換スペースを用意しています。

ウォーターサーバー

ミルク
ミルクが作りやすいよう温水が出るウォーターサーバーを用意しています。

駐車場

チャイルドシート
整骨院の前に3台の駐車場があるので、持ち運べるチャイルドシートのまま来院する方もいます。

託児サービスの利用

託児サービス
ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

赤ちゃんを連れて施術を受けるのに、特別に予約や料金がかかったりするんですか?

院長の説明
院長
@kanayama

基本的に託児関係で料金を追加をることはありません。

つぎは託児サービスのシステムを説明していきます。

託児サービスについて

院長の説明
院長
@kanayama

託児サービスは託児スタッフと協力し、次のようにおこなっています。

対応日・時間

基本的に託児スタッフがいる平日午前中の診療に対応しています。

  • 【月~金】
  • 9:00~12:30
  • ※託児ご利用の場合12時30分までにおこしください。

午後については、火・水のみの2時間のみですが、託児対応しています。

  • 【火・水】
  • 15:15~16:30
  • ※託児ご利用の場合16時30分までにおこしください。

料金

赤ちゃん連れでの託児対応を利用にあたっての料金は必要ありません。

  • 【保険診療】
  • 託児料金…無料
  • 【自費診療】
  • 託児料金…無料

受付方法

赤ちゃん連れだから予約が必要というルールは特にありません。
(自費診療の場合、自費診療自体が要予約なので予約が必要です)

ですが、初めて赤ちゃん連れで来院の場合、赤ちゃんが待てるかどうか不安な方は、どのコースの場合でも予約をされた方がいいと思います。

  • 【保険診療】
  • 予約…任意
  • 【自費診療】
  • 予約…要予約

予約変更・キャンセル

赤ちゃん連れの場合、赤ちゃんの都合で思い通りにいかないことが多いので、予約変更やキャンセルにはキャンセル料などは必要ありません。

分かった時点で連絡をお願いします。

  • 【予約の変更・キャンセル】
  • キャンセル料無し

託児時間に来院できない

託児時間ににどうしても来院できない場合、施術スタッフのみで対応する形になります。

状況によって施術を中断しママの助力を求める場合もありますので、ご容赦ご協力お願いします。

託児スケジュール

院長の説明
院長
@kanayama

託児の予定についてお知らせします。

今週・来週の託児の予定

託児スケジュール

赤ちゃん連れ対応にした理由

赤やん連れ対応の整骨院
ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

どうしてひだまり整骨院は赤ちゃん連れ対応の整骨院にしたんですか?

院長の説明
院長
@kanayama

若い頃はスポーツ選手をみる整骨院にしたかったんですが、これまでの勤務経験や自分の子供の育児に携わったことで、赤ちゃん連れや子連れで通いやすい整骨院にしたいと思いました。

産後の骨盤の重症例

産後の骨盤
院長の説明
院長
@kanayama

最初の勤務していた整骨院で2人、産後からできた骨盤の強い痛みが10年以上続いている方がいました。

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

10年以上続いているってひどい話ですね。

院長の説明
院長
@kanayama

話を聞いてると「産後にケアができずそのまま我慢して生活していた」ということでした。

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

その方たちはどうなったんですか?

院長の説明
院長
@kanayama

施術後に症状が和らぐまでは改善しましたが、すぐに骨盤の痛みが戻ってしまっていました。

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

なかなか良くならないんですね。

院長の説明
院長
@kanayama

まだ技術不足の若かった頃のせいもあるかもしれませんが、「産後の骨盤が矯正しやすい時期に施術できていれば」という想いができるきっかけになったと想います。

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

現在ではどうなんですか?

院長の説明
院長
@kanayama

ひだまり整骨院にくる骨盤の痛みの方の10%は重症の方で、早期に骨盤矯正を行うことで皆改善していっています。

同じような方を作りたくないという気持ちで施術にあたっています。

産後にしばらく来院できない方々

産後に通院できない
院長の説明
院長
@kanayama

普通の整骨院や整形外科で勤務していると、今まで来られてた患者さんが産後は来られなくなる事が大半です。

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

いつも赤ちゃんを預けられる人って少ないですよね。

院長の説明
院長
@kanayama

なので、「開業時にはキッズスペースとか作ればどうかな?」などと考えることが多々ありました。

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

もう勤務していた頃から赤ちゃん連れの対応を考えていたんですね。

院長の説明
院長
@kanayama

ただ正直、この時点での考えだけでは甘かったですね。うまくいかなかったと思います。

本当に赤ちゃん連れ対応を強く想ったのは、自分の子供を育てる経験をしてからです。

育児の経験をして

育児の経験
院長の説明
院長
@kanayama

子供が小学校にあがる頃までは子供との時間を作れるように、時間の作れる職場を選んでいました。

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

子供の相手をしていたんですね。

院長の説明
院長
@kanayama

当時の通院していた患者さん(先輩のママさん)たちに「夫にしてもらいたいこと」の1位が「夫が子供をみてくれて自分の時間がもてる」でしたので(笑)。

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

なるほど。

院長の説明
院長
@kanayama

でも、休みの土日だけでしたが。

ただ、その土日だけでも子供の相手ってとっても疲れるんですよね。

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

育児の大変さを知ったんですね。

院長の説明
院長
@kanayama

その時に痛感したのが「土日だけでもこれだけ疲れるのに、毎日育児をする妻はもっと疲れるんだろう」と。

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

ママはもっと大変でしょうね。

院長の説明
院長
@kanayama

1.産後の骨盤は産後を過ぎると大変
2.でも産後の必要なタイミングで施術ができない
3.育児の大変さは産後からいつまでも続く

とくに自分で育児を経験してから、「赤ちゃん連れでも気軽に通院できる整骨院」という形で、地域貢献する決意になりました。

院長の説明
院長
@kanayama

とはいえ、まだまだ至らぬ事があると思いますが、日々改善していきながら運営していきたいと思っています。

よろしくお願いします。