腰痛の施術

「腰が軽い!?」
腰痛の原因を改善できる施術を



南行徳や浦安から多くの患者さんが腰痛の施術で当院を利用されています。

ぎっくり腰や急性腰痛などの施術から、疲れの腰の張りや慢性的な腰痛まで、症状に合わせて対応しています。

腰痛でお困りなら、当院にご気軽にご相談ください。

ホーム ≫ 各施術の紹介 ≫ 腰痛の施術の紹介

腰痛の施術紹介

腰痛の施術
ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

腰痛に悩まされている人は多いですよね。

どんな腰の施術をしているんですか?

院長の説明
院長
@kanayama

腰痛を改善するためには

腰の筋肉をほぐす

腰の筋膜をはがす

腰の歪みをもどす

これらを基本に

腰の筋肉や関節の動きや働きを取り戻すこと

が、腰痛を改善するための施術の目的になります。

1.腰の筋肉をほぐす

腰の筋肉をほぐす:柔整マッサージ

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
腰の柔整マッサージのポイント
  • 1.腰の筋肉は緊張したり硬結すると腰痛の原因になるため、柔整マッサージで緊張をほどく必要がある。。
  • 2.腰痛の原因となる筋肉は局所的に原因が分かれるので、腰痛と一致した原因の筋肉に対して行う。
  • 3.腰の筋肉は他の部位に比べて厚みがあり、強すぎずも奥に届くマッサージが出来るかどうかが違いになる。

#腰痛のマッサージ #腰の張りのマッサージ

2.腰の筋膜をはがす

腰の筋膜をはがす:筋膜リリース

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
腰の筋膜リリースのポイント
  • 1.腰の筋膜は全身から集まり重なり合っていて筋膜の癒着が腰痛の原因になりやすく、筋膜リリースが有効となる。
  • 2.腰の筋膜は「背中や腰」「腰やお腹」「腰から骨盤や下肢」と連結していて、広範囲に筋膜リリースが必要になりやすい。
  • 3.腰の筋膜の癒着が下肢の冷えやしびれの原因になりやすく、症状にあった筋膜リリースを行う。

#腰痛の筋膜リリース #腰の張りの筋膜リリース

3.腰の歪みをもどす

腰の歪みをもどす:腰椎矯正

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
腰の骨格矯正のポイント
  • 1.腰の骨格は上半身を支えて反りやすく(反り腰)腰痛の原因になりやすく、腰椎矯正で動きやすくする。
  • 2.腰の骨格は左右に多くの筋肉が付着していて、利き手など左右の違いから歪みやすく、腰椎矯正で矯正する。
  • 3.腰の骨格は背中(胸椎や肋骨)または骨盤などと連結していて、広範囲の矯正が必要なことも多い。

#腰痛の骨格矯正 #腰の張りの骨格矯正

腰の施術紹介:まとめ

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

腰を揉みほぐしたりして腰痛を和らげていくんですね。

院長の説明
院長
@kanayama

腰痛では、「ケガや急性の痛み」でも「疲れや慢性の痛み」でも

腰の筋肉の緊張

腰の筋膜の伸長

腰の骨格の乱れ

が起きています。

各手技でこれらを取り除くことで

ケガの傷の回復

痛みの原因の除去

慢性症状の改善

をしていくのが施術の目的になります。

もし、腰痛でお悩みなら当院の腰痛の施術にお任せください。

挨拶

腰痛の当院の対応

当院の腰痛の施術
ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

ひだまり整骨院で腰痛の治療を受けるには、どうしたらいいですか?

院長の説明
院長
@kanayama

腰痛の施術を受けていただく時に、当院のシステムとして

保険診療

  or

整体(自費診療)

に分かれています。

まず、このどちらかお選びいただきます。

1.腰痛の保険診療

当院の腰痛の施術
ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

保険診療では腰痛をどう施術しているんですか?

院長の説明
院長
@kanayama

はい。腰痛の保険診療の特徴としては、

健康保険の適応する傷病に限り対応

腰のケガ・急性の腰痛

に対応しています。

腰痛や腰の張りが何でも健康保険が効くわけではないのをご理解ください。

保険診療を受けるにあたって、適応範囲の腰痛かどうかをご確認ください。

  • 内容
  • ① 腰痛の保険適応
  • ② 施術の概要(料金など)
  • ③ 施術の流れや狙い

①腰痛の保険適応について

POINT
保険適応している腰痛
  • 原因の分かる腰痛
  • ・転んだりぶつけた時に起きた腰痛
  • ・身体を反ったり捻ったりなどのきっかけで起きた腰痛
  • ・朝起きた時に腰が痛くて動かせない(ぎっくり腰) など
  • 原因がわからない「腰の張り」などの場合
  • 「腰を動かした時に痛みが伴う」ケースでは
  • 「腰の筋肉や靭帯が気づかず痛めている」ことが多く、対応できる場合もあります。
  • 診察時に「保険適応」か「適応外」かを判断しているので、ご気軽にご相談ください。
  • 【その他】
  • ・仕事中や通勤中にケガした腰痛→労災保険
    (くわしくはコチラへ)
  • ・交通事故で起きた腰痛→自賠責保険
    (くわしくはコチラへ)
保険適応しない腰痛
  • 原因がわからない「腰の張り」などで、「腰を動かした方が楽になる」ケースでは、疲労物質が蓄積して循環不良による腰痛が考えら、ケガではないので対応できません。
  • この他、慢性的に続く腰痛、腰椎ヘルニアによる腰痛なども、整骨院では健康保険の適応外となるのでご注意ください。
  • ※注意
  • また、同月中に同じ腰痛で他の整形外科や整骨院などで健康保険を使って施術を受けている場合も、健康保険が使えません。該当する場合はご相談ください。

② 施術の概要(料金など)

POINT
料金
  • 初回:2,450円
  • 次回:1,450円
  • 以降:1,350円
  • 負傷した部位の数や行う施術、自己負担割合などで上記金額と異なる場合があります。
施術時間
  • 約45分~60分
  • <目安>
  • ・手技:約15分
  • ・電気:約15分
  • 重症度や必要な施術などによって、時間は前後します。
受付方法
  • 予約して来院
  • ・来院できる時間が分かる方は予約されて来られています。
  • ・初めて来られる方は予約されて来られたほうがスムーズに受診できると思います。
  • そのまま来院
  • ・そのまま来院されても受付をしています。
  • ・施術が必要になった時に来られる患者さんが多いです。

③ 施術の流れや狙い

POINT
初回の腰痛の施術
  • 保険に適応する腰痛には、腰の筋肉や靭帯が傷んでいて、その傷を回復させるのが狙いです。
  • …続きを読む
  • 【診察】
  • 初回は、症状を確認しながら腰痛を出す原因を調べていきます。
  • 腰の筋肉や靭帯が「どこが」「どうして」「どうなって」痛みを出しているのか整理していきます。
  • 原因が判断できたら、治癒過程を予測し、改善させるのに必要な施術を選んでいきます。
  • 【施術】
  • 初回は、腰の筋肉や靭帯が傷んでいて、炎症が起きている場合が多いです。
  • 手技は患部に負担をかけることがないように、極力「痛みを感じさせない施術」を行います。
  • 【指導】
  • 施術後に腰痛が増えないよう日常生活動作で気をつけるポイントなどを指導していきます。
  • 次回来院は重症度によって
  • ・重症;1・2日後
  • ・中等症:3~5日位
  • ・軽症:1周間前後
     (または痛かったら来院)
  • など指示を分けて伝えています。
矢印
次回の腰痛の施術
  • 初回の施術で症状が変化しているので、症状を確認して改善に向けて施術を進めていきます。
  • …続きを読む
  • 【診察】
  • 次回は、初回との症状の変化を確認していきます。
  • 炎症が引いていたり症状が和らいでいれば、計画どおりに施術を進めていきます。
  • もし症状の変化が少ない場合には、前提(原因の把握)・過程(手技の方法)の修正などをしていきます。
  • 【施術】
  • 初回にあった炎症がおさまっていれば、施術の幅がひろげられます。
  • 患部の血行を促進したり、患部に圧迫・伸長・摩擦ストレスをつくる筋肉の緊張や骨格の歪みを整え、自然治癒力が働きやすい環境をつくっていきます。
  • 【指導】
  • 今後の腰痛の減り方を想定し、油断して日常生活動作で悪化させないよう注意喚起をします。
  • ・動かすたびに腰が痛い
    (まだ傷の痛みが残る)
  • ・立ち上がるときが痛みが残る
    (複雑な動きで痛む)
  • ・同じ姿勢でいると腰が痛い
    (持久力の負担に負ける)
  • ・急に中腰になると腰が痛い
    (瞬発力の負担に負ける)
  • 回復過程にあわせて症状が変化してくるが、改善する前は弱くなっているので再受傷を気をつけるのが大事なのを知ってもらいます。
矢印
今後の腰痛の施術
  • 腰痛の原因の筋肉や靭帯の傷の回復過程に合わせて、必要な施術を行い改善を目指します。
  • …続きを読む
  • 【診察】
  • 経過観察を繰り返し、改善に向かっているかをみていきます。
  • 患部が再受傷していないか?患部をかばって周囲に新しく痛みがでていないか?などをみていきます。
  • 【施術】
  • 腰の症状が残りやすい人ほど、腰の筋肉や筋膜、骨格にコンディション不良があることが多いです。
  • 柔整マッサージや筋膜リリース、骨格矯正を使いながら腰を改善させていきます。
  • 【指導】
  • 日常生活や社会活動など患者さん一人ひとり違っているので、状況に合わせた対処を考えます。
  • また、症状の改善に合わせて通院間隔をひろげていき、日常生活の復帰を目指していきます。

2.腰痛の整体(自費診療)

当院の腰痛の施術
ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

整体(自費診療)では腰痛をどう施術しているんですか?

院長の説明
院長
@kanayama

はい。腰痛の整体の特徴としては、

腰の筋肉の硬結

腰の筋膜の癒着

腰の骨格の歪み

を保険診療より手技の時間をかけて施術していきます。

各コースは、料金に伴って

手技の強さや技術

に違いがあるので紹介していきます。

  • 内容
  • ① 整体コース
  • ② リラクゼーションコース
  • ③ ひだまりの手コース

① 整体コース

POINT
施術時間・料金
  • 30分 3,850円(税込)
  • ※要予約
施術内容
  • 柔整マッサージ・筋膜リリース・骨格矯正などの手技を用いて、腰の張りや慢性的な腰痛を施術していきます。
  • …続きを読む
  • 【施術の特徴】
  • 腰の張りや慢性的な腰痛の多くは、凝り固まった筋肉や腰椎によるものです。
  • それらを念入りに揉みほぐして、腰の筋肉や腰椎の動きを取り戻していきます。
  • 【他のコースとの違い】
  • リラクゼーションより強揉みが特徴です。凝りや硬さを自覚している方は整体コースの方がおすすめです。
  • ひだまりの手コースに比べると、通常の整体を行うコースになります。

② リラクゼーションコース

POINT
施術時間・料金
  • 30分 2,750円(税込)
  • ※要予約
施術内容
  • 腰の筋肉をソフトに揉みほぐしながら、腰の張りや腰の筋肉の緊張を施術していきます。
  • …続きを読む
  • 【施術の特徴】
  • 日々のストレスで腰の筋肉は緊張しやすく、血行不良で腰痛が出やすくなります。
  • それらをソフトに揉みほぐして、腰の筋肉の緊張をほどき血行を良くしてリラックスさせる施術になります。
  • 【他のコースとの違い】
  • 整体コースより弱揉みが特徴です。強い整体はちょっと苦手という方はリラクゼーションコースの方がおすすめです。
  • 初めて整体を受けるという方も、はじめは身体が揉みに慣れるのが必要なので、このコースの方がいいと思います。

③ ひだまりの手コース

POINT
施術時間・料金
  • 30分 5,450円(税込)
  • ※要予約
施術内容
  • 柔整マッサージ・筋膜リリース・骨格矯正などの手技を組み合わせた当院独自の技術で、腰の張りや慢性的な腰痛を施術していきます。
  • …続きを読む
  • 【施術の特徴】
  • 筋肉の緊張や筋膜の癒着または骨格の歪みは、お互いに影響しあいどんどん悪化していきます。
  • それらを複合的に施術するノウハウをもとに施術していくのがひだまりの手コースになります。
  • とくに腰の筋肉の硬さが強く、どこで施術を受けても満足できない方は一度お試しください。
  • 【他のコースとの違い】
  • 他のコースより料金は高く設定されています。
  • 院長が整体を行うコースになります。

腰痛の診療コース:まとめ

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

ケガや急性な腰痛でも疲れや慢性的な腰痛でも、幅広く施術してもらえるんですね。

院長の説明
院長
@kanayama

どんな症状が健康保険が適応するのか、整体と保険診療と何か施術が違うのか?とよく質問がありますが、

  • 保険診療
  • 腰のケガ・急性の痛み
  • ケガは時間経過で改善するので通院が必要
  • 整体
  • 腰の疲れ・慢性的な痛み
  • 一度に長く施術した方が効果的

と区別されるといいと思います。

どんな腰痛であっても日常生活に支障が出てしまいます。

少しでも腰痛が和らぎ来られた患者さんに満足してもらえるような施術を行うよう尽力します。

挨拶

腰痛を出す傷病一覧

1.健康保険適応の腰痛

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

整骨院で健康保険で適応する腰痛には限られてるんでしたよね?

院長の説明
院長
@kanayama

はい。具体的には

「急性で腰に痛みがでた」
(目安:当日~2週間)

「きっかけがある腰痛」

「動作で腰に痛みが伴う」

に当てはまる腰痛が対象になります。

言いかえると健康保険に適応する傷病は、「捻挫:靭帯損傷」「挫傷:筋肉損傷」で

「腰の筋肉や靭帯」が
(何が)

「きっかけが分かる原因」で
(なぜ)

「急性」に負傷したもの
(結果)

となっています。

1-1.腰部捻挫(急性のケガ)

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
腰部捻挫
腰部捻挫について
【腰部捻挫とは】
  • ・何が:腰椎の靭帯
  • ・なぜ:引き伸ばされ
  • ・結果:微細損傷を起こした
【腰部捻挫の主な原因】
  • <外から加わる力によって負傷>
  • ・転んだり尻もちをつくなど、腰に強い力が加わった時
  • <自分の入れた力によって負傷>
  • ・中腰姿勢で重い荷物を持つなど、姿勢維持や動作で腰に力が入った時
【腰部捻挫の特徴】
  • 腰を動かす時に腰痛を伴う(疲労による腰痛では逆に動かすことで楽になる)
  • ・腰部挫傷に比べて腰の真ん中で腰痛を再現できることが多い
  • ・負傷時に炎症を強く出すと動けない腰痛になる→ぎっくり腰

#背中と腰の間の腰痛 #腰の中央での腰痛 #腰と骨盤の間の腰痛

1-2.腰部挫傷(急性の痛み)

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
腰部捻挫
腰部挫傷について
【腰部挫傷とは】
  • ・何が:腰部の筋肉や筋膜
  • ・なぜ:引き伸ばされ
  • ・結果:微細損傷を起こした
【腰部挫傷の主な原因】
  • <外から加わる力によって負傷>
  • ・ぶつかったり転倒するなど、腰に強い力が加わった時
  • <自分の入れた力によって負傷>
  • ・中腰姿勢で重い荷物を持つなど、姿勢維持や動作で腰に力が入った時
【腰部挫傷の特徴】
  • 腰を動かす時に腰痛を伴う(疲労による腰痛では逆に動かすことで楽になる)
  • ・腰部捻挫に比べて腰の左右に腰痛が分かれて感じることが多い
  • ・負傷時に炎症を強く出すと動けない腰痛になる→ぎっくり腰

#左右の背中の腰痛 #腰の横での腰痛 #腰から臀部の腰痛

1-3.腰部打撲(急性のケガ)

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
腰部打撲
腰部打撲について
【腰部打撲とは】
  • ・何が:腰部の皮下組織
  • ・なぜ:直接ぶつかり
  • ・結果:損傷(内出血)を起こした
【腰部打撲の主な原因】
  • <外から加わる力によって負傷>
  • ・転んだり衝突したなど腰を強く打ちつけた時
【腰部打撲の特徴】
  • ・腰の筋肉の表面にコブができる
  • ・筋肉内のケガ(挫傷)より経過は良い

#腰のコブ

1-4.ぎっくり腰(急性のケガ)

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
ぎっくり腰
ぎっくり腰について
【ぎっくり腰とは】
  • ・何が:腰部の靭帯や筋肉
  • ・なぜ:引っ張られ続け
  • ・結果:損傷し炎症を起こす
【ぎっくり腰の主な原因】
  • <外から加わる力によって負傷>
  • ・中腰姿勢で重い荷物を持ち上げた時
  • <自分の入れた力によって負傷>
  • ・立ち上がったり腰を捻ったりした時
  • ・中腰で咳やくしゃみをした時
【ぎっくり腰の特徴】
  • ・ぎっくり腰は病名ではなく、突然腰が動かせなくなる現象を指す
  • ・腰が伸ばしきれず背中を丸めて歩いたり、歩く振動や体重をかけただけでも腰が痛むことも多い
  • ・炎症期(2~3日)過ぎると動ける場合もあるが、筋肉や靭帯の損傷を伴っていると強い腰痛が残りやすい

#腰が痛くて動かせない #寝返りで腰が痛い #座ったり立ち上がったりで腰が痛い #歩きはじめで腰が痛い

1-5.産後の腰痛(急性のケガ)

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
産後の腰痛
産後の腰痛について
【産後の腰痛とは】
  • ・何が:腰部の靭帯や筋肉
  • ・なぜ:産後の負担増や抵抗力低下によって
  • ・結果:微細損傷を起こした
【産後の腰痛の主な原因】
  • ・妊娠や出産後の緩んだ腹筋で骨盤が歪みに、腰の負担を増やす
  • ・または猫背になり、腰の負担を増やす
  • ・産後のホルモンバランスの乱れで、腰椎に不安定性が起こる
  • ・赤ちゃんの重さが加わることで腰に負担がかかる
【産後の腰痛の特徴】
  • ・産後~3ヶ月間はとくに腰が不安定で腰痛を起こしやすい
  • ・妊娠中から腰痛が続くケースも多い
  • ・腰痛があっても育児で腰を休ませにくく腰痛の改善が必要

#抱っこで腰が痛い #授乳で腰が痛い #添い寝で腰が痛い

1-6.スポーツの腰痛(急性のケガ)

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
スポーツの腰痛
スポーツの腰痛について
【スポーツの腰痛とは】
  • ・何が:腰部の靭帯や筋肉
  • ・なぜ:スポーツ動作の強い負担に
  • ・結果:微細損傷を起こした
【スポーツの腰痛の主な原因】
  • ・テニスや野球など身体を捻るスポーツの負担
  • ・サッカーやバスケなどストップ&ゴーの多いスポーツの負担
  • ・水泳や陸上競技など繰り返し同じ動作が多いスポーツの負担
  • ・ダンスやバレエなど体幹の支えを必要とするスポーツの負担
  • ・ラグビーやアメフトなどコンタクトプレーが多いスポーツの負担
【スポーツの腰痛の特徴】
  • ・各スポーツ動作が腰への負担が大きく、腰を痛める機会が多い
  • ・腰の可動域や筋力バランスなどコンディション不良があるほど腰痛になりやすい

#腰椎の腰痛 #固有背筋郡の腰痛 #腹筋群の腰痛 #広背筋の腰痛

1-7.子供の腰痛(急性のケガ)

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
子供の腰痛
子供の腰痛について
【子供の腰痛とは】
  • ・何が:腰椎の成長軟骨
  • ・なぜ:腰椎に加わる負担によって
  • ・結果:微細損傷を起こした
【子供の腰痛の主な原因】
  • ・転んだり尻もちをつくなど強い力が加わった後
  • ・腰を反ったり捻ったりを繰り返した後
  • ・普段やらないこと、不慣れなことをした後
  • ・運動や習い事で運動量が急に多かった後
【子供の腰痛の特徴】
  • ・腰椎にある成長軟骨に微細損傷が起こると子供で腰痛が出る
  • ・受傷時に痛みがなく翌朝寝起きに突然腰痛が出る場合も多い
  • ・園児~小学校低学年、小学校高学年~中学生、それぞれの時期で腰痛がみられる

#反った時にでる腰痛が特徴的 #朝起きて泣き出す子が多い #腰椎分離症

1-8.交通事故の腰痛(急性のケガ)

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
交通事故の腰痛
交通事故の腰痛について
【交通事故の腰痛とは】
  • ・何が:腰部の靭帯や筋肉
  • ・なぜ:交通事故の衝撃で
  • ・結果:微細損傷を起こした
【交通事故の腰痛の主な原因】
  • ・追突の衝撃で腰に過緊張を起こした時
  • ・側方からの追突も腰への衝撃は強い
  • ・歩行中や自転車などで追突され転倒した時
  • ・または転倒を避けようと強く踏ん張った時
【交通事故の腰痛の特徴】
  • ・突然に強い衝撃が腰に加わるためダメージが大きいのが特徴
  • ・とくに追突に気づかないで受傷した場合のダメージは大きい
  • ・交通事故直後は腰痛が出なくても、2~3日経って腰痛が出てくることが多いので注意

#交通事故の腰痛 #腰のこわばり #外傷性腰部症候群とも

2.自費診療で対応する腰痛

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

健康保険に適応しない腰痛はどうするんですか?

院長の説明
院長
@kanayama

当院の柔整マッサージや筋膜リリースなど施術が行える傷病は、自費診療(整体)で対応しています。

急性腰痛やぎっくり腰でも、健康保険を使わない・使えない(整形外科に受診した など)でも、自費診療で腰痛治療を行います。

整体で対応する腰痛では、具体的には

「慢性的に腰痛が継続」
(目安:数ヶ月以上)

「きっかけがない腰痛」

「体操で痛みが楽になる」

に当てはまる腰痛が対象になります。

2-1.疲れによる腰痛

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
疲れによる腰痛
疲れによる腰痛について
【疲れによる腰痛とは】
  • ・何が:腰部の筋肉の中・周囲
  • ・なぜ:疲労物質が蓄積して
  • ・結果:循環不良を起こした
【疲れによる腰痛の主な原因】
  • ・たくさん動いたり腰を使った後
  • ・同じ姿勢でいたり長距離移動の後
  • ・運動不足または運動しすぎ
【疲れによる腰痛の特徴】
  • 感じている腰痛が動かしたほうが楽になる(損傷による腰痛では逆に動かす時に痛みを伴う)
  • ・ズキズキした腰痛より重苦しい腰痛が多い
  • ・疲労物質の蓄積が腰の毛細血管を圧迫し血行不良になって腰痛という身体からの警告を感じる
  • ・本格的に損傷を伴う腰痛になる前に、入浴や体操などで血行促進をするとよい

#腰全体が重だるい #腰全体が張る #動かないでいると腰が凝る

2-2.歪みによる腰痛

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
歪みによる腰痛
歪みによる腰痛について
【歪みによる腰痛とは】
  • ・何が:腰の背骨(腰椎)が
  • ・なぜ:偏った負担で関節が歪み
  • ・結果:運動障害を起こした
【歪みによる腰痛の主な原因】
  • ・猫背など悪い姿勢が続く
  • ・かばんを肩にかけるのがいつも同じ
  • ・重心を乗せる足がいつも同じ
  • ・つい足を組んで座ってしまう
【歪みによる腰痛の特徴】
  • 感じている腰痛が動かしたほうが楽になる(損傷による腰痛では逆に動かす時に痛みを伴う)
  • ・ズキズキした腰痛より重苦しい腰痛が多い
  • ・腰椎の歪みで靭帯や筋肉が過度に引っ張られ血行不良になって腰痛という身体からの警告を感じる
  • ・本格的に損傷を伴う腰痛になる前に、入浴や体操などで血行促進をするとよい

#反り腰 #腰猫背 #出っ尻

2-3.慢性的な腰痛

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
慢性的な腰痛
慢性的な腰痛について
【慢性的な腰痛とは】
  • ・何が:腰痛
  • ・なぜ:症状悪化や再受傷を繰り返し
  • ・結果:癒着や硬結した
【慢性的な腰痛の主な原因】
  • ・腰部捻挫などが長期間に渡って腰痛が続く
  • ・再受傷を繰り返し癒着や硬結が起こる
  • ・運動不足または運動しすぎ
【慢性的な腰痛の特徴】
  • 同じような腰痛が数ヶ月以上続いた状態
  • ・癒着や硬結→腰が固まっているので、腰の可動域が減少していることが多い
  • ・慢性的な腰痛が続くと腰椎や椎間板の変形も進みやすくなるので、早く改善したほうがいい

#慢性的に続く腰痛

2-4.変形性腰椎症

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
変形性腰椎症
変形性腰椎症について
  • 【変形性腰椎症とは】
  • ・何が:腰の背骨(腰椎)
  • ・なぜ:過度に圧迫や摩擦によって
  • ・結果:腰の背骨関節軟骨が変形を起こした
  • 【変形性腰椎症の主な原因】
  • ・腰痛の慢性化によって
  • ・前傾で作業の多い生活
  • ・長時間同じ姿勢が続く生活
  • ・猫背など不良姿勢な方
  • 【変形性腰椎症の特徴】
  • ・整形外科でレントゲンをとって骨棘などがみられると診断名がつく
  • ・背骨の関節部分の腰痛なので、腰の真ん中が点で腰痛を感じる
  • ・とくに腰を後ろに反らす時に腰痛を感じやすい
  • ・腰痛が軽い時は温めたり体操が有効だが、腰痛が強い時は安静が望ましい
  • ・変形した腰椎という抵抗力が下がった状態なので、この周囲で他の筋肉や靭帯が急性腰痛を起こす場合もある

#変形性腰椎症で同じような腰痛が続く場合は整体 #変形性腰椎症で急に違う痛み方が出た時には、周囲の腰の筋肉や靭帯に負傷がある場合がある

2-5.腰椎椎間板症

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
腰椎椎間板症
腰椎椎間板症について
  • 【腰椎椎間板症とは】
  • ・何が:腰椎の椎間板
  • ・なぜ:長時間の圧迫によって椎間板が減少し
  • ・結果:腰椎や周辺組織が負担
  • 【腰椎椎間板症の主な原因】
  • ・長年のデスクワーク
  • ・同じ姿勢でいたり長距離移動の後
  • ・運動不足や不良姿勢が影響
  • 【腰椎椎間板症の特徴】
  • ・整形外科でレントゲンをとって腰椎の隙間が狭くなっていると診断名がつく
  • ・背骨の関節部分の腰痛なので、腰の真ん中が点で腰痛を感じる
  • ・腰椎の弾力性が少なり腰椎の機能が働きにくくので、腰痛が慢性化しやすい
  • ・周囲の筋肉や靭帯が急性に損傷して、新しく腰痛を起こすことも多い

#腰椎椎間板症で同じような腰痛が続く場合は整体 #腰椎椎間板症で急に違う痛み方が出た時には、周囲の腰の筋肉や靭帯に負傷がある場合がある

2-6.腰椎椎間板ヘルニア

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
腰椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニアについて
  • 【腰椎椎間板ヘルニアとは】
  • ・何が:腰椎の椎間板
  • ・なぜ:強い負荷が加わり髄核が脱出し
  • ・結果:神経を圧迫したもの
  • 【腰椎椎間板ヘルニアの主な原因】
  • ・前傾姿勢や上体を起こす時など、腰に体重が乗り続けやすい場合
  • 【腰椎椎間板ヘルニアの特徴】
  • ・神経を圧迫しやすく強い腰痛が出やすい
  • ・椎間板ヘルニアには椎間板から髄核が脱出したばかりの急性型と、発症から時間経過した慢性型がある
  • ・慢性型では腰椎を圧迫する筋肉の硬結や筋膜の癒着、または腰椎の詰まりを整えることで対応する

#腰椎椎間板ヘルニアの慢性化したものを整体で施術 #急性型は整形外科へ

3-1.腰椎骨折

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
疲れによる腰痛
腰椎骨折
【腰椎骨折とは】
  • ・何が:腰の背骨(腰椎)に
  • ・なぜ:強い衝撃が加わり
  • ・結果:骨折を起こした
【腰椎骨折の主な原因】
  • ・転倒や衝突した時
  • ・高所より落下した時
【腰椎骨折の特徴】
  • ・腰椎の骨折は整骨院で出来ることはないので、整形外科で診療を受けてください
  • ・骨癒合(骨折部の治癒)した後に腰痛でお悩みの場合は、ご相談ください

#腰椎圧迫骨折 #腰椎棘突起骨折 #腰椎肋骨突起骨折

3-2.内臓疾患による腰痛

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
内臓疾患による腰痛
内臓疾患による腰痛について
  • 【内臓疾患による腰痛とは】
  • ・何が:腰部の神経
  • ・なぜ:他の内臓疾患の影響で
  • ・結果:もの
  • 【内臓疾患による腰痛の主な原因】
  • ・消化器系疾患
  • ・泌尿器系疾患
  • ・婦人科系疾患
  • ・循環器系疾患 など
  • 【内臓疾患による腰痛の特徴】
  • ・内臓疾患の影響で腰に痛みが出る場合がある
  • ・腰痛が長く続き、さまざまな症状が出ている場合は病院で検査してください
  • ・内臓疾患が慢性症状の場合の腰痛の多くは、動かず時には痛みが少なく安静時に腰痛が気になることが多い
  • ・内臓疾患に緊急性がある場合は、腰に激痛が出る場合もあり、緊急で病院へ受診してください

#内臓痛

3-3.感染性疾患による腰痛

ひだまり整骨院
ひだまり整骨院
@hidamarinote
感染性疾患による腰痛
感染性疾患による腰痛について
  • 【感染性疾患による腰痛とは】
  • ・何が:腰部の各組織
  • ・なぜ:細菌やウイルスによって
  • ・結果:感染症を起こした
  • 【感染性疾患の腰部痛の主な原因】
  • ・帯状疱疹
  • ・脊椎カリエス など
  • 【感染性疾患による腰痛の特徴】
  • ・感染性疾患の影響で腰に痛みが出る場合がある
  • ・帯状疱疹では腰痛(腰)(臀部)(大腿部)で発疹が増えてくるので、病院(皮膚科か整形外科)へ受診してください

#感染症

腰痛を出す傷病一覧:まとめ

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

腰痛にもいろいろな種類があるんですね。

院長の説明
院長
@kanayama

患者さんには、腰痛を感じても

自分では区別できない

のが普通です。なので

判断して対応する

のが安心して利用してもらえる整骨院になると思っています。

もし整骨院で対応できない病気であったら病院への受診を指示しますし、整体をしていて保険適応の傷病の場合はそのまま整体で施術するか、相談しています。

患者さんにとって一番良い施術ができるよう最善を尽くしているので、腰痛でお悩みなら当院にご相談ください。

挨拶