メイン

整骨院の保険診療って何をするの?!


整骨院では健康保険に適応するケガや痛みの施術を保険診療として対応しています。

ところが整形外科でも当然対応しているので、どちらを選べばいいか、南行徳や浦安の方からも問い合わせがきます。

そこで、整骨院だからこそ支持される、整骨院にしかできない施術についてご紹介いたします。

ホーム ≫ 診療コースの案内 ≫ 整骨院の保険診療

整骨院の保険診療が
選ばれる3つのポイント

    整骨院の保険診療が目的とする3つの原因について
  • 1.痛みを出す原因って?!
    整骨院の施術は自然治癒力を活かすことで原因除去を行います。
  • 2.痛みを作った原因とは?!
    整骨院の施術によって次の負担から守ることで原因除去を行います。
  • 3.治りを遅らせる原因?!
    整骨院の施術で筋肉や関節の動き悪さを改善し根本の原因を取り除きます。
ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

整骨院の保険診療って何をしているんですか?

院長の説明
院長
@kanayama

整骨院の保険診療は、健康保険に適応するケガや痛みに対して

原因を改善する

ことを目的として、施術を行っています。

そして、取り除かなくてはいけない原因が「3つ」あるのです。

1.整骨院の痛みを出す原因に対しての施術

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

痛みを出してる原因って何なんですか?

院長の説明
院長
@kanayama

整骨院の保険診療が適応するケガや痛みの場合、痛みが出る原因とは

「筋肉や関節などの運動器に生じた損傷または微細損傷」

つまり、傷ができたことによって痛みが出ています。

この傷が治るまで痛みは続ので、傷の治りを早める施術をしていきます。

整骨院の自然治癒力を高める施術

傷の治りを早めるためには、人の身体が持つ「自然治癒力」を引き出し原因の傷の回復を促すのが、整骨院の保険診療の基本になります。

POINT
A.受傷直後~炎症消失
  • 最初は、強く痛い時期から始まることが多いです。
    (約2・3日)
  • ・まず、消炎鎮痛処置で炎症を抑える。exアイシング、圧迫
  • ・腫れや内出血に対して、柔整マッサージ。
  • ・患部を保護するためにテーピングなどで安静固定。など
矢印
B.炎症消失後~組織回復
  • 強い痛みが和らいでも、動かすたびに痛い時期が続きます。
    (約1週~10日)
  • ・患部の血行促進のための、柔整マッサージ。
    (循環不良になる筋肉をほぐす)
  • ・負荷をかけず痛みを感じさせない程度に、運動療法。
  • ・日常生活で患部への負担軽減ために補助固定。など
矢印
C.組織回復後~機能回復
  • 痛みは少なくなりますが、まだ無理すると痛い時期が残ります。
    (約2~3週)
  • ・負荷をかけて運動機能を取り戻す、運動療法。
  • ・患部をかばって筋肉が緊張するので、柔整マッサージ。
  • ・患部をかばって関節に負荷がかかるので、関節矯正。など
矢印
D.治癒(痛みを出す原因除去)

2.整骨院の痛みを作る原因に対しての施術

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

痛みを作る原因って何なんですか?

院長の説明
院長
@kanayama

痛みが出ている患部はいわば【被害者】で、痛みを作る原因があるから被害が出るのです。

痛みを作る原因となる患部に負傷を追わせる【犯人】こそ取り除かなくてはならない原因となります。

傷を作る原因は、おもに身体に加わる物理ストレスです。

そして原因の除去は、患部に加わるストレスを減らす・耐えられるようにする施術していきます。

痛みを作る原因となる物理ストレスに対しての整骨院独自の施術

ただ薬や湿布で様子をみていて良くならなくて整骨院を受診した多くの方は、この痛みを作る原因の対策がないのです。

POINT
A.伸長ストレス
  • 引っ張られることによりダメージを受け、負傷してしまう。
  • 【例】
  • ・関節が捻られ靭帯が伸長。
  • ・力を入れると腱が伸長。
  • ・踏ん張ると筋肉が伸長。など
B.圧迫(衝突)ストレス
  • 圧迫されたり衝突することによりダメージを受け、負傷してしまう。
  • 【例】
  • ・肩の狭い隙間で腱板が圧迫。
  • ・骨に軟骨や椎間板が圧迫。など
C.摩擦ストレス
  • 摩擦が起こることによりダメージを受け、負傷してしまう。
  • 【例】
  • ・骨や関節に靭帯や腱が擦れる。
  • ・関節運動で軟骨が擦れる。など
矢印
D.痛みを作る原因の施術
  • ※患部に連結する筋肉や関節に原因がある場合が多い。
  • 【筋肉】
  • ・筋肉の緊張が、患部に対して伸長・圧迫・摩擦を作る。
  • ・筋肉の緊張をほぐす柔整マッサージ。(整骨院の施術だからこそできる薬や湿布では作れない環境)
  • 【関節】
  • ・関節の歪みが、患部に対して伸長・圧迫・摩擦を作る。
  • ・関節の歪みを整える関節矯正。(整骨院の施術だからこそできる薬や湿布では作れない環境)

3.整骨院の治りを遅くさせる原因に対しての施術

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

治りが遅くなる原因って何なんですか?

院長の説明
院長
@kanayama

同じ施術をしていても、治っていく方とそうでない方がでてきます。

治りが遅くなってしまう方に共通するのに、身体のコンディション不良が何かしらみられます。

痛みを作る原因を後押ししてしまうので、身体のコンディション不良はいわば【共犯者・黒幕】といったところでしょうか。

この身体のコンディション不良は一人ひとり、一日一日で違っています。

そのため、目の前の患者さんのその時の状態に合った施術が必要になってきます。

身体のコンディション不良を改善する整骨院独自の施術

傷の治りを早めるためには、人の身体が持つ「自然治癒力」を引き出し原因の傷の回復を促すのが、整骨院の保険診療の基本になります。

POINT
A.患部をかばう
  • ・患部をかばい、他の部位が代わりに頑張ってしまう。
  • ・他の部位のコンディション不良が、患部の治りに影響を与えることがある。
  • ・筋肉から乳酸を流す柔整マッサージなどで、影響が出る前に対策を行う。
B.昔のケガ(既往歴)
  • ・関節の可動域が硬い
  • ・または関節の動揺性が髙い
  • ・これらも患部の負担を増やす原因になることがあるので、対策を行う。
C.不良姿勢・骨盤の歪み
  • ・筋肉の凝り固まりや筋膜の癒着があると柔軟性がなくなる。
  • ・筋肉や筋膜に引っ張られ姿勢が悪くなり骨盤が歪みやすくなる。
  • ・その結果、患部の負担が増えることがあり、対策が必要になる。
D.筋力低下・筋力不足
  • ・運動不足で使わない筋肉がでてきて、筋力低下が起こりやすい。
  • ・筋力低下や筋力不足は動作や姿勢維持に影響を及ぼすことになる。
  • ・その結果、患部の負担が増えることがあり、対策が必要になる。

4.ひだまり整骨院の保険診療の施術

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

痛みを出す原因って、いろいろあるんですね。

院長の説明
院長
@kanayama

整骨院の保険診療に適応するケガや痛みは、治り方に順序があるので、痛みの減り方も順々に減ってくるのが特徴です。

(一回の施術で痛みが無くなるっていうのは、損傷をしていない痛み→整体の適応症状です)

そして各原因の対策が不十分では、痛みの減り方に遅れが生じてきます。

ひだまり整骨院では、患者さん一人ひとりで変わる根本原因を探り施術していき、辛いケガや痛みを少しでも早く改善できるよう施術を尽くしています。

整骨院の施術

ひだまり整骨院の
保険診療の対応

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

ひだまり整骨院で保険診療を受ける場合、どうすればいいのですか?

院長の説明
院長
@kanayama

ひだまり整骨院の保険診療について、説明していきます。

1.健康保険の適応について

注意!
  • 捻挫
  • 挫傷
  • 打撲
  • 骨折
  • 脱臼

健康保険を使った施術には、上記のケガや痛みにのみ適応いたします。

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

整骨院ではどんな症状でも健康保険を使っての施術が受けられるのではないのですか?

院長の説明
院長
@kanayama

そうなんです。

整骨院の保険診療の場合、決められたルールの中での施術となり、患者さんにもその理解が必要です。

適応内のケース

整骨院の保険診療が適応になる事例です。

POINT
A.一般的なケガ
  • アクシデントで急に痛めたもの
  • 【例】
  • ・足首を捻る
  • ・突き指
  • ・肉離れ
  • ・寝違える
  • ・ぎっくり腰 など
B.一般的な痛み(急性の痛み)
  • 原因のはっきりした急性の痛み
  • 【例】
  • ・首や腰、骨盤など体幹の痛み
  • ・肩や肘、手首など上肢の痛み
  • ・膝関節や足首など下肢の痛み
  • ・産後の骨盤の痛み
  • ・スポーツ障害 など
  • 【備考】
  • ・急性…約2周間までの痛み
  • ・慢性的な痛みや原因がはっきりしないもの整体での対応
C.骨折や脱臼などの場合
  • 骨折や脱臼などの場合、事情が異なります。
  • 1.整骨院では応急処置は認められています。骨折や脱臼の場合、整復や固定などの応急処置を行います。
  • 2.骨折や脱臼が確認できたら、整骨院では一度整形外科へ送ります。
  • 3.その後整骨院で施術を行うためには、医師から後療(リハビリ)の許可をもらう必要があります。

適応外のケース

整骨院の保険診療が適応にならず、整体(自費診療)で対応する事例です。

POINT
A.疲れや歪みなど
  • 損傷を伴わず、疲れの蓄積や歪みによる症状では、整骨院では保険診療ではなく整体で対応します。
  • 【例】
  • ・肩こりや腰痛
    (動かしたら楽になる特徴)
  • ・産後の骨盤の歪み
  • ・スポーツの筋肉痛や筋疲労
  • ・猫背やストレートネック など
B.慢性の痛み
  • 同じような痛みが長期に渡る慢性疼痛も、整骨院では保険診療ではなく整体で対応します。
C.変形性関節症
  • 軟骨の変形したのが原因での痛みの場合も、変形軟骨の施術は健康保険が適応しないため、整骨院では保険診療ではなく整体で対応します。
D.その他
  • ケガや痛みでも、健康保険が使えない事例があります。
  • 【例】
  • ・他の病院で受診した
    (診察だけでも薬や湿布の処方期間の間は整骨院で健康保険が使えません)
  • ・他の整骨院で受診した
    (健康保険を使って複数の整骨院で施術を受けることはできません)
  • ・鍼灸で健康保険を使った
  • ・仕事中や通勤中のケガ
    (健康保険でなく労災保険)

2.保険診療の受付方法

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

ひだまり整骨院で保険診療を受ける場合、予約が必要ですか?

院長の説明
院長
@kanayama

ひだまり整骨院の保険診療についてご説明していきます。

  • 1.直接来院
  • ・来院順で施術を受ける
  • 2.事前予約
  • ・予約時間に来院して施術

どちらでも対応しています。

3.受診時に必要なもの

ひだまる
@hidamaru
ひだまるの質問

ひだまり整骨院で保険診療を受ける場合、何が必要ですか?

院長の説明
院長
@kanayama

必ず、健康保険証をお持ち下さい。

  • 【健康保険証をお忘れの場合】
  • ・当日は4,500円をお預かりさせていただきます。
  • ・後日、健康保険証を確認しだい、差額を返金します。

お着替えは用意していますが、持ち込みはOKです。

整骨院の施術

整骨院の保険診療の
  よくある質問

1.整骨院の診療について

整骨院の保険診療では腰痛は健康保険が使えるんですか?

原因がはっきりした腰痛は保険診療で対応します。

整骨院の保険診療では肩こりは健康保険が効くんですか?

肩こりは、動かすときに痛みを伴うものは保険診療で、動かすと楽になる肩こりは疲れによるものなので整体で対応しています。

整骨院の保険診療では産後の骨盤矯正はやってもらえるんですか?

保険診療では「骨盤の痛み」に対して「骨盤矯正」を行います。
もし、「産後の広がった骨盤を戻したい」という場合は、整体の骨盤矯正コースで対応しています。

2.整骨院の施術について

整骨院の保険診療の施術は、痛いことするんですか?

不快な痛みを感じさせる施術は行わない方針です。
筋肉の緊張が強い箇所は「痛気持ちいい」くらいは感じますが、要望に合わせて調節しますのでお申しつけください。

整骨院の保険診療の施術は、骨をポキポキって鳴らすんですか?

アジャストメントという施術方法ですが、基本的には行わないのです。症状を改善するのに効率がいい場合は、患者さんに確認をとって行うようにしています。

整骨院の保険診療で行う骨盤矯正は、痛いことをしますか?

保険診療では「骨盤の痛み」に対して「骨盤矯正」を行います。
痛い骨盤に痛い施術は患部に負担がかかるので、極力痛みが少ない方法を選んでいます。

3.整骨院の役割について

整骨院の保険診療と整形外科と、何が違うんですか?

整形外科はすべての痛みに対応していて、当院では筋肉や関節のケガや痛みに限られます。

整骨院の保険診療と整形外科で、することは違うんですか?

整形外科では薬の処方や外科的処置を行うのに対して、当院では手技療法で筋肉を揉みほぐしたり関節を整え自然治癒力を高めて治していきます。

整骨院の保険診療では薬は出せるんですか?

薬は出せません。

整骨院の保険診療ではレントゲンをとってもらえますか?

レントゲンはとれません。
レントゲンが必要かどうかのケガや痛みの判断は出来るので、必要な場合は整形外科への受診を指示しています。

整骨院の保険診療と整体と、何が違うんですか?

行っている手技は同じなので同じと考えている患者さんが多いです。違いは「骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷」と施術範囲が決められていることです。

4.整骨院の受付について

整骨院の保険診療は、何時までに整骨院に入れば診てもらえるんですか?

受付時間までに入っていただければ対応しています。

予約枠や赤ちゃん連れの場合は、受付時間に違いがあるのでご注意ください。